陰毛の白髪染めランキング【アンダーヘアに白髪!原因と対策】

陰毛の白髪染め

陰毛に白髪を見つけた時はショックでした・・・。頭髪に白髪が生えた時も年齢を感じましたが、それ以上に、陰毛の白髪は一気に老け込んだ気がしてショックが大きかったです。

そこで、いろいろ調べてみると、陰毛の白髪対策には

    • 抜く・・・毛抜きなどで抜く
    • 切る・・・ハサミで切る
    • 染める・・・白髪染めで染める

など色々あることが分かりましたが、中でも「白髪染めで染める」のがおすすめです。

そこで、陰毛の白髪染めに適した商品の紹介とともに、陰毛の白髪を「抜いたり」「切ったり」することをオススメしない理由も説明しているので参考にして下さいね。

>>まず【陰毛の白髪染めランキング】をチェック!<<

  1. 陰毛(アンダーヘア)に安全な白髪染めの選び方
    1. ジアミンが含まれない白髪染めを選ぶこと
    2. 無添加のものを選ぶ
    3. 浴室を汚さないものを選ぶ
    4. 全額返金保証
  2. 陰毛(アンダーヘア)の白髪染めおすすめランキング
    1. LPLP(ルプルプ)迷ったらコレで決まり!
    2. マイナチュレ カラートリートメント
    3. 髪萌カラーアップ
    4. ハイステップカラー
    5. 利尻ヘアカラートリートメント (陰毛の白髪染めに)
  3. 陰毛の白髪を安全にしっかりと染める方法
  4. 陰毛の白髪染めに市販の商品は使えるの?
  5. 陰毛の白髪染めにヘナは使えるの?
  6. 陰毛に白髪染めシャンプーは使えるの?
  7. 陰毛の白髪染めは、男性も女性と同じでいいの?
  8. 陰毛に白髪が生じるのは病気の前兆?癌になる?
  9. 陰毛に白髪が生える<5つの原因>
    1. 加齢による老化現象
    2. 生活習慣が原因でメラノサイトの機能が衰える
    3. ストレス
    4. 食生活の乱れによる栄養不足
    5. 活性酸素
  10. 陰毛に白髪を発見した時の対策
    1. 抜く
    2. 切る
    3. 白髪染めで染める
  11. 陰毛に白髪を生やさないための予防方法は?
    1. 白髪の原因となる活性酸素を溜めないようにする
    2. 白髪を減らす食べ物
      1. 白髪にならないためにメラニン色素を減らさない。
      2. メラニン色素を生成するメラノサイトの働きを活性化する
      3. メラノサイトの働きを補完するチロシナーゼを活性化する
  12. まとめ

陰毛(アンダーヘア)に安全な白髪染めの選び方

陰毛の白髪染めの選び方

実は、陰毛(アンダーヘア)専用の白髪染めはありません。そのため、頭髪用の白髪染めを使って陰毛を染めるのですが、頭髪用の白髪染めの中には刺激の強い成分が含まれているものがあります。

そこで、陰毛の白髪を染めるにも適している「安全性が高く」「皮膚にも優しい」「しっかりと染まる」白髪染めの選び方を紹介します。

ジアミンが含まれない白髪染めを選ぶこと

白髪染めの中には、ジアミン(パラフェニレンジアミン)という合成化学染料を含んでいるものがあります。ジアミンは、少量でもカラーを濃く発色することができるので白髪染めを含むヘアカラー剤に多く使われています。

ただ、ジアミンを使用することでジアミンアレルギーを起こす可能性があります。ジアミンアレルギーとは、酸化染料剤を使用することで起こるアレルギー性接触皮膚炎のことです。症状としては、「皮膚炎・むくみ・鼻炎・気管支炎」などの粘膜障害があります。特に、皮膚炎は「皮膚が赤くただれ、腫れ上がる」こともあります。

ジアミンは皮膚科から体内に吸収されてしまいます。陰毛の白髪染めではデリケートゾーンに使用することになるので、ジアミンを含まない安全性の高い白髪染めを選ぶ必要があります。

無添加のものを選ぶ

白髪染めには、ジアミンの他にも「パラペン・ジアミン系色素・鉱物油・酸化剤」などの添加物が含まれているものがあります。

ジアミンほどの毒素はありませんが、デリケートゾーンに使用するのですから敏感肌にも使える無添加のトリートメントタイプの白髪染めを選びましょう。

また、カラートリートメントと表示していながら、優しい染料(HC・塩基性)を使用していない商品もあります。「黒401」のように「色+数字」で表示されているものは、タール色素です。

タール色素は刺激が強く、髪だけにつけることを前提に含まれているので、デリケートゾーンの生えている陰毛の白髪染めにも適していません。

陰毛の白髪染めで失敗した人の体験談で多いのは、「ヒリヒリして痛い」「つけた瞬間に痛みを感じた」というものです。

浴室を汚さないものを選ぶ

陰毛の白髪を染める場所としては浴室が使われると思います。染めた後、すぐにシャワーを使えるので便利ですよね。

白髪染めの中には、浴槽や浴室の壁を染めてしまい、洗剤で洗っても落ちにくいものがあります。1剤と2剤を混ぜる白髪染めは、このタイプです。

染める際に浴槽や浴室の壁に白髪染めが付いてしまっても、すぐに落ちるものでなければ掃除が大変です。

白髪染めを選ぶ際には、浴室についてもすぐに落ちるものを選びましょう。

全額返金保証

ノンジアミンで無添加のヘアカラー剤を選んだとしても、肌に合わない可能性もあります。事前に病院で血液検査を受けない限りは、どのような成分にアレルギーを持っているかは分かりませんよね。

そのような場合でも、「全額返金保証」がついていれば安心して試すことができます。

陰毛(アンダーヘア)の白髪染めおすすめランキング

LPLP(ルプルプ)迷ったらコレで決まり!

ルプルプ

ルプルプの白髪染めは、お肌に優しい「無添加・ノンジアミン・ノンタール」のヘアカラートリートメントです。それでいて、しっかりと染まるのでデリケートゾーンの白髪染めにおすすめです。

LPLP(ルプルプ)は退色もしにくいので、「何度も染めるのは面倒」という方にもおすすめです。

また、お風呂で染めると浴槽が汚れますよね?でもルプルプならシャワーで流すだけで簡単に落ちます。洗剤もいらないので楽なんですよね。

全額返金保証もついているので安心してお試しいただけます。

まずは、こちらをクリックして下さいね。

>>ルプルプヘアカラーの公式サイトをチェック

価格2本定期便:3,240円(税込3564円)

1本あたり1,620円(税込1782円)とお得です。

(定期便の場合、お届け本数・お届け間隔の変更可能)

初回お試しキャンペーン:1,980円(税込2178円)

通常価格:3,000円(税込3300円)

送料無料(2本定期便)

*ただし、初回お試しキャンペーンのみ540円(税込)

容量200g
染まり具合1回で染まる
ジアミン含まれていません
添加物無添加です。

タール色素も含まれていません。

浴槽の染まりキレイに落ちます。
全額返金保証2本定期便のみ対象

(お届け本数・お届け間隔の変更可能)

*商品到着後10日以内に電話連絡する

ルプルプヘアカラートリートメントの口コミと効果【1回で染まる?】
ルプルプヘアカラートリートメントの口コミを調査して、染まり具合などの効果も調べました。また、染まりの良くなる使い方や放置時間、頻度についても解説しています。無添加なので、肌荒れや痒みの出やすい方も安心してお使い頂けます。

マイナチュレ カラートリートメント

マイナチュレ ヘアカラートリートメント

マイナチュレの白髪染めは「染まりの良さ」を追及したヘアカラートリートメントです。また、植物由来成分94%、無添加でノンジアミン、タール色素も含まれていないので敏感肌の方にもお使い頂けます。

マイナチュレは「染まりも良く」「お肌にも優しい」のでアンダーヘアの白髪染めにもおすすめです。

また、10分の放置時間でしっかりと染まるので簡単です。さらに、退色防止成分も含まれています。

>>マイナチュレの公式サイトを見る

価格2本定期コース:3380円(税込)

1本あたり1690円(税込)とお得です

(お届け間隔も自由に変更できます。)

1本定期コース:3380円(税込)

(*初回2980円)

通常の価格:5128円(税込)

送料無料
容量200g
染まり具合1回から染まる
ジアミン含まれていません。
添加物無添加です。

タール色素も含まれていません。

浴槽の染まりキレイに落ちます。
全額返金保証発送日より30日間全額返金保証(*明細書が必要)

(*お届け本数・お届け間隔の変更は可能です)

マイナチュレカラー トリートメントの口コミ|染まらないは嘘!?
マイナチュレカラートリートメントの口コミを調査しました。「かゆみが出る」「染まらない」「色落ちしやすい」などの評価は本当なのでしょうか?また、最安値で購入できる販売店としっかり染まる使い方も紹介しています。

髪萌カラーアップ

髪萌カラーアップは、無添加でジアミン系の色素を使用しておらず、お肌にも優しいヘアカラーです。

また、キューティクルの上から付着させるので、根本まで染めることを可能にしました。

放置時間は10~15分で、乾いた髪に使用するタイプです。

30日間の返金保証が付いているのも安心です。お得な定期コースでは、お届け間隔を自由に変更できるので、自分のペースに合わせて使うことができます。

>>髪萌ヘアカラーの公式サイトをチェック

価格1本定期コース:1936円(税込)

1本の単品購入:2420円(税込)

送料847円
容量200g
染まり具合初回は10~15分の放置時間が必要
ジアミンなし
添加物無添加
浴槽の染まりすぐに洗えばキレイに落ちます
全額返金保証30日間の返金保証

(使用後でも返品可)

 

 

ハイステップカラー

HI-STEPカラートリートメント

ハイステップヘアカラーは、ジアミン、シリコン不使用で天然染料を使用しています。さらに無添加で成分の95%が美容成分なので、頭皮に優しいヘアカラーです。

またハイステップヘアカラーは、塩基性カラーでイオン結合して着色させるので染まりやすいのも特徴の一つです。

浴槽に付着してもお湯で流せばキレイに落とせるので掃除も簡単です。手についてもニオイもつきません。

30日間の全額返金保証があるので、気楽に試せるのも嬉しいです。

>>ハイステップヘアカラーの公式サイトをチェック

価格2本定期コース:4,675円(送料無料)
1本定期コース:2,337円(送料550円)
1本の単品購入:4,675円(送料550円)
送料2本定期コースは無料
「1本定期コース」「単品購入」は550円
容量200g
染まり具合イオン結合で染まりやすい
ジアミンなし
添加物無添加
浴槽の染まり約1分で、十分キレイに落とせます
全額返金保証30日間の全額返金保証
いつでも解約OK!

 

利尻ヘアカラートリートメント (陰毛の白髪染めに)

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、美容成分が豊富に含まれている「利尻昆布エキス」を配合しているので、お肌にとても優しいヘアカラーなので陰毛の白髪染めに適しています。

もちろん、ジアミンやパラペン、鉱物油などは含まれていない無添加なので安心してお使いいただけます。

ただ、利尻ヘアカラーには、4種類の色味がラインナップしています。陰毛を染めるなら一度で染まる「ブラック」を選んでくださいね。

価格通常価格:3000円→2000円(キャンペーン中)

2本セット:4000円
3本セット:6000円

送料550円(税込み・全国一律)

まとめ買いは送料無料

容量200g
染まり具合10分で染まり、染めてからも落ちにくい
ジアミンなし
添加物無添加です
浴槽の染まりすぐに洗い流せは大丈夫
全額返金保証など特典全額返金はないが、まとめ買いをすると

「頭皮もみブラシ」か「クイックコーム」がプレゼント

陰毛の白髪を安全にしっかりと染める方法

陰毛の白髪を安全に染める

陰毛の白髪を安全に染めるためには、ノンジアミンで無添加の白髪染めを選ぶことも重要ですが、なるべくお肌につけないように塗布することも大切です。

お肌につけないようにするには、少量を手に取り、2~3回に分けて適量を塗布するようにしましょう。その際は、陰毛に揉みこむように塗ると染まりが良くなります。お肌に近い部分は、染まりが悪くなりやすいので、特に良く揉みこみましょう。

一度に多くの量を塗布すると、お肌についてしまいます。多少付くのは仕方ありませんが、刺激の少ないノンジアミンの白髪染めを使う場合でも、なるべく肌に使いないように気を付けましょう。

ヘアカラートリートメントは、一度でしっかりと染まるタイプではなく、2~3回の使用で染まるのが特徴です。一回で染めようとして、多くの量を塗布するのはやめましょうね。

陰毛の白髪染めに市販の商品は使えるの?

市販の白髪染め

市販されているシャンプータイプのヘアカラーには、シリコンが含まれていることがあります。なので、陰毛の白髪染めに市販の商品使用することはおすすめしません。

シリコン自体に害はないのですが、肌に吸着しやすい性質があるので、長時間、お肌に吸着し続けることで炎症を起こす可能性があります。

特に、陰毛はデリケートな場所に生えているので、どのような悪影響を与えるか分かりません。デリケートゾーンに使用する白髪染めにはノンシリコンのもを選びましょう。

以前は、普通のシャンプーにもシリコン入りが多かったのですが、ここ数年の間にシリコン入りシャンプーはほとんど販売されなくなりました。

ただ手触りが良いこともあり、シャンプータイプのヘアカラーの中には、まだシリコン入りの商品があります。

シリコンとは、ケイ素を含んだ物質のことでガラスにも含まれています。

シリコンは吸着性が高く、キューティクルの剥がれたダメージ毛にしっかりと張り付くことで表面をコーティングします。簡単に手触りが良くなるのですが、吸着性が強いのでキューティクルごと剥がれてしまうこともあります。

それと同じように、シリコンがお肌に付着すると、剥がれたときに肌に悪影響を与える可能性もあります。デリケートゾーンに使用するので、ノンシリコンの白髪染めを選びましょう。

陰毛の白髪染めにヘナは使えるの?

陰毛にヘナは使えるの?

陰毛(アンダーヘア)の白髪を染めるのに「ヘナ」を使用することは、おすすめしません。

ヘナは、天然染料で髪に優しいということで、美容室でヘアカラー剤として使用されています。また、一般の人でも使えるように市販もされるようになりました。

ヘナは、ミソハギ科シコウカという植物を粉末にしたもので、ローソニアという色素成分が含まれています。
100%天然で安全性は高いのですが、染まりが悪いのが特徴です。そこで、美容室では複数の色のヘナを調合してしっかりと染めるように工夫しています。

ただ、市販されているヘナには、染まりを良くするために化学染料が含まれているものがあります

美容師以外の人が使っても、しっかりと染まるようにしているのですが、この化学染料で炎症を起こしてしますことがあります。化学染料を含んだ市販のヘナは、「天然染料で安全」というヘナのメリットを損ねているんですね。

100%天然ヘナは「ナチュラルヘナ」と呼ばれ、化学染料を含んだヘナは「ケミカルヘナ」と呼ばれています。そして、「ナチュラルヘナ」と記載されていても「ケミカルヘナ」である場合があります。

なのでナチュラルヘナなのに発色がいいものは注意が必要です。ナチュラルヘナとケミカルヘナを区別することは、成分の知識を持たないと難しいものがあります。

ということから、成分知識を持たない人が、ヘナを扱うのはおすすめしません。

陰毛に白髪染めシャンプーは使えるの?

白髪染めシャンプー

陰毛にも白髪染めシャンプーを使うことはできるのですが・・・。

白髪染めシャンプーは、成分的にも安全性は高いのでメリットはあるのですが、1回の使用で変化を感じることはできません。使い始めて3~5日くらいから少しづつ染まり始めて、白髪が気にならなくなるまでには2~4週間程度が必要です。

染まり方も「しっかりと染まる」わけではなく、「目立たないくらいには染まる」程度なので、しっかりと染めたい方には向いていません。

また、白髪染めシャンプーは使用を中止すると徐々に色が落ちていくので、染め具合を保つためには、ほぼ毎日使わなくてはなりません。

白髪染めシャンプーは、すぐに染まるわけではないので、即効性を求めるなら白髪染めがおすすめです。こちらでは、無添加でノンジアミン、ノンタールの白髪染めを紹介しているので、安全性も高いです。

陰毛の白髪染めは、男性も女性と同じでいいの?

男性も使える陰毛の白髪染め

陰毛の白髪が気になる男の方でも、女性と同じ白髪染めを使用することができます。

女性と同じようにトリートメントタイプのヘアカラーで染めましょうね。もちろん、男性もジアミンの含まれている白髪染めを使用することはやめましょう。

ジアミンは、少量づつ皮膚から吸収されて体内に溜まり続けます。そのため、許容限界値を超えると拒絶反応(アレルギー反応)を起こします。

もともとジアミンにアレルギーのない方でも、許容量を超えるとジアミンに対してアレルギー体質になってしまいます。

男性の方も、トリートメントタイプのヘアカラーを使うことをおすすめします。

陰毛に白髪が生じるのは病気の前兆?癌になる?

陰毛の白髪は病気の前兆?

陰毛に白髪が生えたからと言って、「癌(ガン)」「不妊」「性感染症」など、病気の前兆となることはありません。また、男性の陰毛に白髪が生えても精力減退のサインではありません。

頭髪に白髪が生えても病気ではないのと同じですね。もちろん、20代や30代の方が若白髪になるのと同様に、若い方の陰毛に白髪が生えても病気の前兆ではありません。

また、頭髪から先に白髪が生える方もいれば、陰毛から先に白髪が生える方もいます。これは個人差なので、陰毛にしか白髪が生えていなくても心配する必要はありません。

陰毛に白髪が生えると癌などの病気になるのか?【都市伝説は真実か!?】
陰毛(アンダーヘア)に白髪が生えてくるのは、癌(ガン)になる前兆だと噂があるようですが、これは医学的根拠のない都市伝説です。 何故、このような都市伝説が噂されるようになったのでしょうか? これは「年齢」に関係していると推察できま...

陰毛に白髪が生える<5つの原因>

陰毛に白髪が生える原因

頭髪の白髪と同様に、陰毛に白髪が生える原因は、毛にメラニン色素が含まれなくなることが原因です。

毛にメラニン色素が含まれなくなる原因には、

  • 加齢による老化現象
  • 生活習慣が原因でメラノサイトの機能が衰える
  • ストレス
  • 食生活の乱れによる栄養不足
  • 活性酸素

の5つのことが考えられます。

加齢による老化現象

メラニン色素は、メラノサイト(色素形成細胞)によって作られています。

そして、メラノサイトがメラニン色素を作るときに酵素「チロシナーゼ」が必要なのですが、チロシナーゼは加齢と共に減少してしまいます。

十分なチロシナーゼが足りなければ、メラニン色素を作ることができません。

生活習慣が原因でメラノサイトの機能が衰える

メラノサイトは、成長ホルモンから栄養をもらうことでメラニン色素を作り出しています。

個人差はありますが、成長ホルモンは、夜の22時から3時頃にもっとも多く分泌されています。そして、眠っているときに、たくさん分泌されます。

就寝時間が遅いなど、夜型の生活をしている方は、成長ホルモンの分泌量が少ないと考えられるので、メラノサイトの機能が衰えている可能性が高いのです。

ストレス

過度のストレスは、自律神経が乱れる原因となります。自律神経は成長ホルモンの分泌もコントロールしているので、メラノサイトの働きにも影響を与えます。

また白髪だけでなく、髪の成長にも影響があります。髪が細くなったり、抜け毛が増えたりと、薄毛化の原因にもなります。

食生活の乱れによる栄養不足

メラニン色素が作られるためには、「ミネラル」「アミノ酸」「ビタミン」などが必要です。メラニン色素生成に必要な栄養素を摂るためにも、バランスのとれた食事に気を配りましょうね。

特にメラノサイトが、メラニン色素を作るために必要な酵素「チロシナーゼ」には、ミネラルが必須の栄養素です。

活性酸素

呼吸によって体内に取り込まれた酸素の一部が、活性酸素になります。活性酸素は、体内の代謝過程でいろいろな成分に反応します。この反応が過剰になると細胞を傷つけてしまいます。傷つけられる細胞には、メラノサイト(色素生成細胞)も含まれます。

また、活性酸素を分解する酵素「スーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)」は、加齢と共に減少していきます。相対的に体内の活性酸素が多くなってしまいます。

ビタミンC・ビタミンE・カテキン類」など、体外からも摂取できる体抗酸化物質もあるので、食事などで積極的に摂るようにしましょう。

陰毛に白髪を発見した時の対策

陰毛に白髪を発見

陰毛に白髪を見つけたときには、どのような対処をするべきなのでしょうか?

抜く

陰毛の白髪を抜いても増えることはありませんが、陰毛は太い毛なので、無理に抜いてしまうと毛嚢炎(もうのうえん)などの炎症を起こすことがあります。また「黒ずみ・シミ」など、色素沈着の原因にもなります。

デリケートゾーンに炎症を起こしても、病院にも行きづらく症状が長引くことにもなります。なので陰毛の白髪を抜くことはおすすめしません。

切る

白髪の本数が少なければハサミで切ることは有効な手段です。その場合、眉毛カット用のハサミなど、デリケートゾーンを傷つけないように小さなハサミを使用しましょう。

ただ、白髪の本数が増えてくるとハサミで切るとチクチクしてくるのがデメリットですね。根本付近で切ることができても、伸びてくる段階でチクチクしてしまいます。

白髪染めで染める

陰毛の白髪を染めるのは有効な手段です。

その場合は、ノンジアミンで無添加の白髪染めを使用するようにしましょう。デリケートゾーンなので、白髪染め選びは慎重に行いましょう。

>>陰毛の白髪染めにおすすめ<<

陰毛に白髪を生やさないための予防方法は?

白髪予防

白髪は加齢などの避けられない原因もあるので、完全に予防することはできません。

ただ「できる範囲だけでも予防したい」という方のために、普段の生活で気をつけると良いことを紹介します。

白髪の原因となる活性酸素を溜めないようにする

活性酸素を分解する酵素「スーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)」は加齢と共に減っていくので、活性酸素を溜めないことが白髪を予防することに繋がります。

活性酸素が作られる原因には「ストレス」「喫煙」「過剰な紫外線」「睡眠不足」などが考えられます。

「ストレス発散」「禁煙」「UV対策」「就寝時間を早める」など、できることから対策をしましょう。

白髪を減らす食べ物

白髪にならないためにメラニン色素を減らさない。

メラニン色素の原料となるチロシンは、「乳製品、アボガド、バナナ、リンゴ、カツオ、まぐろ、大豆製品、」などでとることができます。

メラニン色素を生成するメラノサイトの働きを活性化する

メラノサイトは「昆布、わかめ、ヒジキ」などの海藻類や、「サバ、カツオ、ブリ」などからも摂ることができます。

メラノサイトの働きを補完するチロシナーゼを活性化する

チロシナーゼの働きを活性化する銅は「豆類、大豆製品、ごぼう、ニンニク、パセリ、そば、サツマイモ、玄米、エビ、カニ、ホタルイカ、プルーン」などに含まれています。

乳製品、豆類、野菜、魚介類など、バランスの良い食事が大切だということですね。

まとめ

陰毛の白髪染めまとめ

白髪が生える原因と予防策をまとめてみましたが、確実に白髪を予防することはできませんね・・・(汗)加齢は止められなし、活性酸素を減らせと言われても・・・・ね。。

予防対策にしても「ストレス発散」「禁煙」「UV対策」「就寝時間を早める」「バランスの良い食事」など、簡単そうで難しいですよね。

そうなると、簡単で効果的なのは白髪染めです。陰毛の白髪はデリケートゾーンに生えるので、無添加でジアミンを含まない白髪染めが適しています。

陰毛の白髪に白髪染めを使ってみようという方はこちら⇒

>>陰毛にすすめの白髪染めランキング<<

タイトルとURLをコピーしました